複雑な業務システム構築に最適なシステム開発プラットフォーム

帳票の課題は業務課題と合わせて解決

業務システムを自動開発するワンダーロボが一挙に解決します。
帳票は一般文書に比べると、データの入力段階から課題があり、電子化だけでなくデータの集計表示や出力段階まで業務の各段階で課題があります。「帳票」周辺の業務システムとして見直すことで高い効果が得られます。

ビジネス用途の帳票はワンダーロボが自動作成します

ワンダーロボの詳細はこちら

Ⅰ 企業で求められる帳票を作成

データ入力作業を伴う帳票の作成管理をロボットによる帳票作成サービスが解決します。人は仕様を決めるだけ。
課題:こんな帳票作成を求めていませんか

  • 既存の帳票を利用
  • 変更の効く帳票作り
  • 他システムと連携できる統合環境

帳票作成

Ⅱ 運用に合った機能を搭載します

基幹システムとの連携をはじめ、PDF伝票の転記入力を伴う帳票の作成管理をロボットによる帳票作成サービスが解決します。人は仕様を決めるだけ。
課題:こんな機能を求めていませんか

  • PDF伝票データの読み取り
  • バーコードやQRコードの生成
  • 既存の帳票フォームを利用
  • 多言語対応

運用に合った機能

Ⅲ 多くのフォームで出力します

データ入力と同様に出力側でも、手による余分な加工や再変換作業をすることなく効率的に出力します。
課題:こんな帳票出力を求めていませんか

  • システム連携用の定型CSV出力
  • メールやFAX送信、印刷に適した出力
  • シートに分かれたExcelに一括出力

多彩なフォーム

Ⅰ 企業で求められる帳票を作成

データ入力作業を伴う帳票の作成管理をロボットによる帳票作成サービスが解決します。人は仕様を決めるだけ。

こんな機能を求めていませんか

  • 既存の帳票を利用
    伝票の原紙と同様の入力フォームを画面に再現したり、Excelのフォームをそのままテンプレート(雛形)にします。
  • 伝票型
    明細一覧表型
    分析表型
    連帳型
  • 変更の効く帳票作り
    顧客の要望も多く、修正の効く環境での安定稼働が必要。
    ワンダーロボで使用しているExcel設計書では、参照ビュー等の細かい指定を自然語で指定しており、ノンプログラミングで修正箇所のみの更新を掛ける事ができます。
  • 変更の効く帳票作り
  • 他システムと連携できる統合環境
    帳票の元となる社外データと社内データの両方で、転記等の重複入力作業は無駄なコストや時間を浪費する原因となります。
    単純な事務処理作業の自動化(RPA)も含めて対応します。又出力データを定型加工している場合も自動処理します。
  • 他システムと連携できる統合環境
  • 単純な事務処理作業の自動化(RPA)も含めて対応します。又出力データを定型加工している場合も自動処理します。
  • 事務処理作業の自動化(RPA)

Ⅱ 運用に合った機能を搭載します

帳票の入出力作業に必要な多くの機能を搭載しているワンダーロボサービスは、人が仕様をExcelシートに自然語で記述するだけで、業務システムを自動開発します。

課題:こんな作業に悩まされていませんか

  • PDF伝票データの読み取り
    送信されてくるPDF形式の伝票を人がシステムに転記入力する代わりに、システムが必要箇所を読み取り
    データ登録します。又、顧客事情で伝票の内容も変わります。ワンダーロボは読み取り機能の修正対応もします。
  • バーコードやQRコードの生成
    バーコードやQRコードの生成機能により各帳票にコードのイメージを付与することができます。
    ※ご使用の規格や運用に合わせた搭載が出来ますのでご相談ください。
  • 既存の帳票フォームを利用
    紙の伝票イメージを画面に再現したり、Excelの入出力フォームをテンプレート(雛形)として採用できます
  • 多言語対応
    グローバル運用に合わせて、日本語版のシステムを画面用語の辞書変換により英語版や中国語版等に自動展開します。

Ⅲ 多くのフォームで出力します

データ入力と同様に出力側でも、手による加工や再変換作業をすることなく効率的に出力できるようになります。

課題:こんな帳票出力を求めていませんか

  • システム連携用CSV出力
    連携先で直接読み込めるフォーマットのCSVファイルを手加工することなく用意します。
  • メールやFAX送信、印刷に適した出力
    メールの添付に適した容量や高速印刷の可能なPDFファイルを直接出力して送信や印刷します。
  • シートに分かれて出力するExcelファイル
    1つのExcelシートに1つの帳票では、閲覧管理が大変です。部署や特定の区分毎に同種の帳票がシート単位に分離して一括出力できるので、管理チェックの時間短縮に加え、突発的なExcel加工作業も効率的に行えます。

各種研修コースを開催しております。担当までお問い合わせください。

1.
ワンダーロボ開発ハンズオン - 2日間コース
2.
SaaSForce基盤開発機能ハンズオン - 2日間コース
3.
SaaSForce基盤運用管理(システム管理者) - 1日間コース

開発センターサービス

ワンダーロボ実施サービスを受託いたします

1.
業務ヒアリングによるExcel設計書の作成
お伺いしました帳票要件を実現するワンダーロボのための設計書を作成します。
※発注後の仕様変更が多いため、複数のステップに分けたサービスの実施がお奨めです。
※業務運用の品質を担保するサービスレベルについては、別途ご相談ください。
2.
帳票システムの自動開発
ワンダーロボにExcel設計書を分析させ帳票システムを自動開発させます。
※実データによる運用の整合性テスト(受入れテスト)は、貴社による役割分担としてお願いしております。
※操作マニュアルが必要な場合は別途お見積いたします。

ワンダーロボの詳細はこちら

サービスに合わせて設計書向け要件定義をお手伝いします。
主なステップとスケジュール

ステップ 具体的な作業 御社 WFC
1.クラウド環境の準備 「ワンダーロボ」サービスへの申込み
クラウドサービス環境の提供
2.Excel設計書準備 Excelテンプレートのダウンロード又は
顧客利用Excelシートの送付
業務システムの設計書作成
3.Excel設計書よりシステム構築 設計書のアップロード
構築・確認
4.システム確認 顧客との動作確認及び修正要求確認
再修正
5.納品 顧客へシステムを納品
1週目:
業務内容をヒアリング、現在利用している帳票またはシステムを分析
2週目:
システム化後の画面、帳票及び業務処理など記述する設計書を作成、「ワンダーロボ」によりシステムを構築
3週目:
構築したシステムをお客様と共に動作確認、改善点を確定、修正を実施
4週目以降:
システムをクラウド環境にてお客様に公開し、実務に従って検証を実施して頂く

1.ワンダフルフライにワンダーロボで開発させる帳票設計書の作成依頼はできますか?
開発センターサービスにて承ります。ワンダーロボサービスの開発部門と連携して、より効率的で高品質な帳票システムとなる設計書を提供できます。
2.ワンダーロボによる帳票システムの開発・運用環境は、自社サーバーに構築することが可能でしょうか?
ワンダーロボサービスは、弊社契約クラウド上で提供するサービスです。 しかし構築したシステムの運用は、自社サーバー、プライベートクラウド及びパブリッククラウドを自由に選択できます。 その場合、システム移行の作業費が必要です。
3.価格体系はどうなりますか?
・ワンダーロボサービス費用:システム機能種別数や帳票のインポート・エクスポート数による課金体系です。
・帳票システム運用費用:SaaSForce基盤を利用するCPU×コア数でのサーバーライセンスと、運用ユーザーライセンス数で算出します。 ※詳細はパートナー企業様、もしくは弊社までお問合せください。

top