複雑な業務システム構築に最適なシステム開発プラットフォーム

RPA(ロボットによる業務自動化)

従来ロボット化が無理だと思われていたバックオフィス(間接部 門)の仕事を自動化できる仕組みとして、
あらゆる業種で期待されています。

業務課題をロボットが解決します

システムから経営判断情報を抽出したい
単純で煩雑な事務作業を自動化したい
アウトソース(BPO)を上回る効率化を実現したい
業務ノウハウを人でなく組織に蓄積したい

大勢で取り組んだシステムが今後は自動開発できます

人件費削減

人のする作業にまつわるコストを一挙に解決

  • 調達、教育
  • 作業
  • 引継ぎ
  • 相性

スピード実行

人の限界をクリアします

  • システムを自動開発
  • 同じ作業の繰り返しでもミスをしない
  • 定時作業も忘れずに実施
  • 社外からも閲覧承認

自動化により人は売上拡大に専念

ワンダーロボの詳細サービスはこちら

自動化した作業の例

海外の事務処理を24時間実行 煩雑な条件別操作
契約内容の転記 情報を定時取得
増減の波が大きい処理 システムの連携操作

こんな作業はロボットが自動処理

単純作業

紙面からシステムへの入力作業

  • デジタル情報は一括入力
  • アナログ情報もスキャンしてAIが判断

時間毎に同一の入出力操作

  • 操作ルールを自動実行化

煩雑な作業

同じ情報を異なる画面へ重複入力。
単純に自動化しても人による照合作業が必須

  • 同一情報は一か所から参照できるように

Excel他複数のシステムで多数の画面操作

  • ルールを自動化し、人の判断を最小に

自動処理で可能になること

  • ① 処理履歴による業務過程の見える化と分析が可能に
  • ② 処理手順の組み替えを容易に実現
    人の場合は、全員が慣れるまで大変
  • ③ 修正や改善の効果がすぐ現れる

AIで学習して進化するロボット作業

ピーク作業が2倍でもコスト増はわずか

初期にこそ、人がロボットへ業務ルールを教え込む(バッチ化)が必要ですが、同じロボットなら人のN倍の作業が必要になっても、稼働時間の延長や能力の増強で済み、コスト増を抑えられます。

自動実行情報は人工知能が報告

実行記録は人工知能(AI)の学習教材になるため、細かい業務改善がロボット側から提案(レポート)されるような流れに変化します。

自動化に伴い業務の改善活動を加速支援

人がすべき仕事のみが残る

ワンダーロボの詳細サービスはこちら

導入事例

自動処理(RPA)の導入事例(商品管理システム)

貿易会社の総合業務管理システム

国内外の商品を仕入れて販売する貿易会社。見積から入金確認までの在庫管理貿易業務における、一連のプロセスを統合するプロジェクト「Rapid-BPM(敏速な業務経営管理)」を推進中。
ワンダーロボサービスにより、複数に分散していた管理システムをWebへ統合。業務の可視化、自動化、効率化を実現。

課題

  • 企業成長を支える体制には、IT化による効率化のみでは足りず、経営判断用の情報が必要
  • 業務処理を自動化すれば、人材を営業部門に集中させられ、競争力を強化できる

実施

  • コードを1行も書かずにシステムを完成
  • 自然言語の設計書なら内製化がし易い
  • 現場の評価も取り入れて維持管理し易い体制を作る

効果

  • 業務プロセスを通じて一体化した操作ができ、属人化していた業務プロセスを全員が共有連携できるようになり、統制(ガバナンス)が取れるようになった。
  • 責任範囲が明確化し、プロセスが繋がり易くなった
  • 顧客提案のスピード化と安定稼働により、サポート体制に余裕ができた

今後

  • 開発の自動化から、業務処理の自動化へつなぎ、人は営業活動により注力させる、Rapid-BPM(敏速な業務経営管理)の実現へ

ワンダーロボは業務課題を万全の2段階方式で解決

人が本来の業務に専念できるよう、ロボットによる自動化を徹底追及

第1段階 ロボットがシステムを自動開発

3ステップでシステムが完成

  • ①Excel設計書(仕様書)の承認
  • ②設計書をロボットが分析&開発
  • ③動作確認と調整

第2段階 ロボットが操作を自動実行

  • システム稼働後、バッチ処理他による自動化を順次実施
    新たな処理の停滞(ボトルネック)を発見し、処理を更新
  • 結果の出る前に対策を打つ
    処理のシミュレーション:KPI(重要業績評価指標)など経営に密接な評価基準を定義
    業務の見える化:処理状況をリアルタイムに確認し事前対策が可能
  • PDCA(継続的な業務改善)活動に貢献
    「業務の見える化」の結果を踏まえて高い確度で計画の修正を行えます。
  • 人がすべき業務に専念
    ロボットの支援により人は営業活動や、分析結果の判断等人がすべき業務に専念できます。

IT業務の変化と人材不足のゆくえ

1機能12万円が今ならなんと、100機能まで、わずか300万円に

top